パスポートの盗難に遭って保険請求をする

パスポートは海外においては個人を証明する大事な書類です。基本的には本人しか使えず、もちろん中の写真は本人が写っています。となると他人がパスポートを盗んだとしてもあまり意味がないように感じます。でも実際にはパスポートの盗難は結構あり、色々な用途で使われているようです。海外では日本人のパスポートが狙われるときがあるので注意が必要になるでしょう。パスポートが盗まれると現地の日本大使館に行って再発行手続きをします。何十万円もかかるわけではありませんがそれなりにお金がかかります。本来不要だったお金ですが、実は海外旅行保険で補償が受けられます。盗難に伴ってかかった費用を証明すると、損害額が計算されて一定額が受けられます。

 

海外旅行で盗難に遭ったときの盗難届

日本は治安がいいのであまり盗難被害に遭ったりしないかもしれません。又金額の小さい物の盗難であれば戻らなくてもいいと思う人もいるでしょう。でも大金が入った財布の盗難に遭ったり、高価なものを盗まれたりすればそれなりの損害になります。保険で補償をしてもらうときには盗難を受けた証明が必要になるので、必ず警察に届けて証明をもらいましょう。では海外旅行で盗難に遭ったらどうするかです。このときも盗難届を出さなくてはいけません。どこに出すかは現地の警察です。ポリスレポートとも言われ、必要事項を書いて渡してもらえます。一部の保険会社においては盗難届が無くても補償してもらえる時もあります。そのための事情を伝える必要はあります。